Skip to Content

音楽にもっと自由を

日本の音楽著作権は厳しすぎる。
本当にアーティストのためになっているのだろうか?

もしかしたら、音楽著作権の一部をアーティストとポッドキャスター、
そしてリスナーでシェアすることはアーティストにとっても
メリットが大きいんじゃないだろうか。

アーティストがストリートで曲を演奏する。
たまたま通りかかって耳に入った歌声に心が動かされる。
友人に感動を伝え、そのストリートに友人を連れてくる。
アーティストの曲を聴く人の輪が広がって、
気に入った人はチップを払ったり、CDを買ったりする。

そんなストリート・ミュージシャンとファンの関係が
理想的なアーティストとリスナーの関係なんじゃないだろうか。

とにかく曲を聴いてもらい、気に入った人は友人に伝え、
聴く人が増え、そこからファンが増えていく。

厳しすぎる音楽著作権は、そんな広がりを邪魔していないだろうか?

Pod Music Street では、自由な音楽が流れるストリートとして、アーティストとポッドキャスターとリスナーがフラットな関係で音楽を楽しみ、共有する場所をめざします。

コンセプト漫画 by Kiri - (2005/11/22)
コンセプト漫画 by Kiri

Pod Music Streetさんのユーザアバター