Skip to Content

"Gonna Be" by Burnt Sienna Trance

その他
歌詞: 

作詞・作曲 加藤博治

大音響鳴り響く部屋に膝を抱えて座り込んでる
リズムと脳波が出会う度に深い所に意識が沈む
キーをひねる右手の指には冷たく光るシルバーリング
退屈な夜を振り切るには君の居るあの溜まり場に行こう
後ろへと飛んでゆく街灯に目もくれず

今日は君を抱きしめて眠りにつくその時に
そこに真実があるのなら
それはそれでイイんじゃない?

何かに熱中してる君はとても眩しく輝き続け
やがて僕が見えなくなっても
気にする素振りさえ見せないね
すばらしい生き方に君のことうらやんでしまう

今日は君を抱きしめて眠りにつくその時に
そこに真実があるのなら
それはそれでイイんじゃない?

全てを忘れてのめり込んで眠ることも忘れるくらいに
打ち込める何かが欲しかった
手を付けるだけ付けてきたけど後には何も残らなかった
まるで生きることが無意味みたい
そんな時に君が現れて僕に一言いってくれた

It's gonna be O.K, it's gonna be alright・・・
間違いなく僕はここにいる

3.333335
平均: 3.3 (投票数: 3)
 
Pod Music Streetさんのユーザアバター